FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コミュニケーションのための催眠誘導

石井裕之氏のコミュニケーションのための催眠誘導をやっとこさ読了しました。
心理的アプローチを用いた女性(男性)の落とし方指南書という感じでした。
催眠の技法も追及していて、これは読み物としてはかなり面白いです。
この本に書いてあることを活用するには、かなりの観察力と洞察力、それに空気を読むスキルが必要そうですがw


先日、懐かしの駄菓子『かわりんぼ』をスーパーで見つけて買いました。
ラムネの埋め込まれた棒付き二面キャンディで、さらに棒のラベルを剥がすと棒状のガムが出てくるというアレです。
遠足に持っていくお菓子として、かなり高い確率で選択してました。いや懐かしい。
要するにこの前、棒付き飴を舐めていたという事象が重要なのですが、そのときにふと「これはチュパ音を出すための小道具として成立するのでは?」と思い立ちました。
キス音やチュパ音をきれいに出すのがなかなか難しいんですね、これがまた。
案外、プロの人たちもこういう小道具使ってたりして……と考えると少し楽しくなりますw
都合よく棒付き飴なんて買い置きしていないので、これを使うのは現実的ではありませんがw


拍手コメントは、メールアドレスが記載されていればそのアドレス宛に。
Twitterでフォローしてくだされば、ダイレクトメッセージにて個人的にお返事させていただいています。
それ以外は、記事にてお返事という形になります。
ご意見・ご要望などは常時募集しておりますので、今後もよろしくお願いします。

催眠術のかけ方読了、コメントお返事

林氏の催眠術のかけ方、読了。
評判通り、内容は非常に興味深いものでした。
心理学的見地から催眠の基礎技法を理論立てて詳細に説明されていて、基本的な理論は大体知っていましたが、いい復習になりました。
催眠初心者が読んでも理解しやすく書かれています。
第五章のセックスinトランスは、催眠オナニーに通じるところもあるのかなーと思いきや、文字通り催眠セックスについての記述でしたw
まあ、読んでる分には面白かったんですけどね。


ただ、著者が男性ということもあり、主に男性が女性を誘導することを前提として書かれています。
女性が男性(もしくは女性)を誘導するための技法が書かれた本も読んでみたいですね。
「こういう本あるよー」という方、ぜひ私に教えてください。
図書館で探しますのでw 蔵書になければ買います。
図書館といえば、石井裕之氏のコミュニケーションのための催眠誘導も借りてきたので、次はこれを読まないと。
本を読みつつ、スクリプトも読んでます。
さて、投下できるのはいつになるやら。


以前こちらで紹介したrykさんに、私のブログを紹介していただきました。
「えっ、何もそこまで」とこちらが恐縮してしまうくらい丁寧に文章を書いていただきまして、ありがとうございます。
一時活動休止とのことで残念な気持ちもありますが、懸案事項が無事に解決されることを祈って復帰をお待ちしています。


最後になりますが、拍手コメントのお返事を。
かけていただいたお言葉には、必ずお返事させていただきます。

えすえすさん
応援のお言葉、ありがとうございました。
少しでも安眠効果を実感できたのなら幸いです。
次作もなんとか形にして投下できるよう、頑張ります。

催眠音声嗜好の方向性について

どうにも寝落ち率が高いです。
まあ、7時とか8時といったまだ深夜にならない早い時間に聴く、寝落ちする前に終わる30分程度の短めの作品にしておく、寝るのではなく座った状態で聴く、という風に対応策はいくつかあります。
休日なら、思い切って昼間に聴くのもアリかと。寝落ちしても昼寝に移行するだけですしw


最近は、エロは特になくてもかまわないんですが、普通のリラクゼーションや安眠用の音声とも違う、何かこう「自分、愛されてる」って感じの音声がほしいですね。
私は男性向け女性向け問いません。
男性向けでは、アイロンウェアーさんの催眠淫語シリーズがお気に入りです。貴重なドライ特化音声もあります。
催眠音声としてのクオリティもさることながら、愛されてる感が半端ではありません。それにエロい
女性向けでは、四九八苦さんスクリプトの、お注射の名称でおなじみHappy Injectがいいですね。まるで恋人同士みたいで。
抱きしめられる幸福感っていいですよね。それだけで充足感を得られて満足できちゃうというか。それにエロい


そういうわけで、ちまちまと参考書を読みつつ催眠ライフ続けてます。
思えば、私ももう2年半近くこのスタイルでやってるわけです。
昔は女性向け音声も、今ほど多くは出ていませんでした。
爆発的に増え始めたのは2010年に入ってからだったでしょうか。
試しに聴いてみたら割と男性声も心地よく、女性声にはない色気といいますか、魅力がありまして。
女性向けシチュも自分自身の被暗示性と受容性が高ければ受け入れられないものなどそうそうなく。
むしろ男性向けと違ってこう、シチュに付随するロマンス重視といいますか。その点が魅力で。
熱くなりすぎて何が言いたいのかよくわからなくなってきてますが、要するに男性向けも女性向けも両方おいしくいただいてますw


ふと気になったんですが、男性向けもおいしくいただけますっていう女性と、その逆で女性向けも~っていう男性、どっちがサイニー人口としては多いんでしょうね?

近況とコメントお返事

林貞年氏の『催眠術のかけ方』という本を図書館で借りてきました。
まだ読み終わってはいないのですが、心理学的見地での技術と理論の解説書、という感じでしょうか。
Amazonでの評価も非常に高いようです。
過去に参考書を探して読んだりしたことはありましたが、催眠という技法に関して私は素人同然ですので、これからもっと勉強して朗読の際に役立てることができれば、と考えています。
林氏の催眠関連著作にも他に気になるものがあって、読むだけでも結構大変そうです。


今後の予定を少し。
次回作の予定はすでに決まっていまして、女性スレでは有名なあの人のスクリプトを読もうかと。
ありがたいことに、スクリプト作者様に基本的な読み方についてアドバイスいただけました。
こちらからのぶしつけなお願いに対して丁寧にお答えいただき、ありがとうございました。
なので、早めに仕上げたいと考えているのですが、これから少し忙しくなりそうです。
なんとか今月中には公開したいですね。


あとは、まとめWikiになでなで催眠というものがありますが、あれは男性向けなので女性向けに少し改良して読んでみたいです。
一人称をどうしようか考えているところでして、元のスクリプトは女性が読むことを想定して私となっていますが、女性向けとして読む場合、俺・僕・私のどれを取ってもそれぞれの味が出そうな気がして。
じゃあ、どれにするか。というところで悩んでいます。本当、どうしたものか。
他にも、ある程度の間を取るところで微細なバックノイズをそのままにしていいのか、完全無音にした方がいいのか、などの細かい部分でも迷ったりしてます。
その辺の迷っているところは、これから模索していこうと思っていますが。
ご意見などありましたら、真摯に目を通させていただきます。


あきさん
拍手コメントありがとうございました!
言葉にできてないなんてことはありませんよ。
気持ちはしっかりと伝わってきました。
すごく嬉しかったです。
しばらく時間が空きそうですが、なるべく早く次回作を投下できるよう頑張ります。
プロフィール

yuji

Author:yuji
yujiと申します。
好きが高じて、女性向け催眠スクリプトを読ませていただいてます。
初めていらっしゃった方は、初めての方へをお読みください。
投下した作品は催眠音声にまとめてあります。

Mail:yuji_2004@mail.goo.ne.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。